フィッシング「リール」のメンテナンス

フィッシングリールには、スピニングリール、ベイトキャスティングリール(両軸タイプ)、タイコリール、電動リールなど、たくさん種類があります。
海で使用すれば、必然的に海水などがかかり、塩分が付着します。
淡水で使用するリールも、使えば、ゴミや水が付着するわけですから、そのままにしておくと、表面の塗装やギア、ボールベアリングなどが痛みます。
ロッドと違い金属で出来ている部分が多いリールは、こまめなメンテナンスを必要なことは言うまでもありません。
そこで、スピニングリールとベイトキャスティングリールのメンテナンス方法を紹介します。

スピニングリールのメンテナンス

釣りから帰ったら、よく絞った濡れたタオルなどで、リール全体をしっかりと拭きましょう。
このとき、傷などがあれば、修理に出したり出来るので、次回釣行のトラブルを未然に防ぐことができます。
最近は、ウォッシャブルタイプの水洗いができるリールがあります。
ウォッシャブルタイプのスピニングリールであれば、流水で洗い流すことができます。
リール本体ごとお湯の中に浸けるなどすると内部に水が入り、グリスやオイルが流れ出て、故障の原因になることがあるので、リール本体を、お湯に浸けるなどは、しない方が無難です。
タオルで拭き難いところは、綿棒や歯ブラシを使用して汚れを落としましょう。
細かいところの汚れを放置しておくと、汚れの部分から腐食がはじまることがあります。
リールの取り扱い説明書に、オイルとグリスの注入箇所が明記されていると思いますので、それぞれ間違いなく注しましょう。

オイルとグリスの違いについて

リールのメンテナンスに使用する、オイルとグリスの違いと注入箇所について、それぞれの使い方を説明します。
オイルとグリスの違いについて
オイル・グリス共に基本的には、回転を良くするために使用するものです、オイルは、液体でさらさらしている状態ですが、グリスは、少し粘り気がある状態です。
オイルは、ハンドル部分のボールベアリングやラインローラーなど、回転を続ける部分の摩擦を減らし、回転性能を上げることが目的となっています。
グリスは、リール内部のベアリング・ギアなど、負荷がかかる場所の磨耗を減らすことが目的です。
オイルを注すところに、粘り気のあるグリスを注してしまうと、回転性能が落ちたり、逆に、グリスを注すところに、オイルを注すと、ギアなどが磨り減って、寿命を早める結果になってしまいます。
オイルとグリスの使い分けをしっかりして、リールを大切に使いましょう。 icon icon
daiwa)ダイワリールガードスプレーセット・・・リール用のオイルとグリスのセットです。
リールのどの部分に使えばいいかの説明書付き

リールのオーバーホール(分解清掃)について

リールの分解図
リールのオーバーホールは自己責任で行いましょう。
リールには、細かい部品が多く、組み立てるのが難しい物もあります。
分解するときは、組み立てる順番(分解した順番)に部品を並べておいておくことが重要です。
リールを分解したら、ギアなど部品についている古いグリスなどをパーツクリーナー iconなどで、洗い流し、組み立てる時に、新しいグリスやオイルを注入します。
ボールベアリングなどは、小型のケース(最近はあまり使わないが、カメラのフイルムケースなど)にパーツクリーナーとボールベアリングを入れて、軽く振ると簡単に洗浄できます。
洗浄後は、しっかりと乾かしてから、新しいオイルなどを注しましょう。

自身のない人は、釣具店やメーカで、オーバーホール(メンテナンス)してくれるところもあるので、釣具店に相談してみてください。

ベイトキャスティングリールのメンテナンス

基本的なメンテナンス法は、スピニングリールと同じです。
ボディ部分は、よく絞った濡れタオルで拭き、必要箇所にオイルとグリスを注す、といった感じです。
構造的には、スピニングリールよりもシンプルな作りで、サイドプレートを外して、簡単に内部にオイルを注すことが出来る、仕様になっているものもあります。
取扱説明書をよく読んで、必要なところにオイル・グリスを注しましょう。
普段使いなら、拭き掃除と、レベルワインダー部分など、必要な場所にグリスを注入するくらいで、よいでしょう。
それ以外は、釣具店にオーバーホール(有料)に出すのが無難だと思います。