フィッシングタックル(釣り道具)のメンテナンス

フィッシングタックル(釣り道具)は、釣行後などに、正しくメンテナンスしてあげることで、長く使うことができます。
釣行後のちょっとしたメンテナンスで、タックルの寿命を延ばし、釣行時のトラブル防止にもなりますので、是非実施しましょう!

フィッシングタックル別メンテナンス法

フィッシングタックルメンテナンスの基本

タックルのメンテナンスは、釣りに行ったらすぐにおこなうこと。
とくに、海で使用したタックルは、海水(塩水)が付着しているので、必ず塩分を落としておきましょう。
メンテナンスをせずに放置しておくと、次回釣行時に使えなかったり、タックルの性能が発揮できず、思うように釣りにならないといったことになりかねません。
タックルメンテナンスの基本は、汚れたら綺麗にする。
傷があれば修復するといったことを、常日頃からの習慣にしましょう。